FC2ブログ
地震・津波シェルター ヒカリ

津波シェルター「ヒカリ」

Author:津波シェルター「ヒカリ」
「ヒカリ」は一般家庭用の、地震・津波対応の防災シェルター。直径120cmで屋内に設置でき、地震発生時の家屋倒壊から身を守れます。完全防水で水に浮き、津波からも避難可能。自動車20台分の重さにも耐える、世界最高水準の耐久性を持つシェルターです。大人4人用で価格は約50万円。1人あたり約12万円で、南海トラフ地震への強力な備えをご家庭にいかがですか?

最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(13)産業資材新聞 津波シェルター「ヒカリ」写真の説明

10/20発行のプラスチック産業資材新聞の記事紹介も今回で最後です。

誌面には津波シェルター「ヒカリ」の写真が何点か掲載されましたが、その写真のご紹介です。

詳しくは、

プラスチック産業資材新聞に津波シェルター「ヒカリ」特集記事が掲載

をご覧下さい。



写真003_津波シェルターヒカリ_プラスチック産業資材新聞
2013年10月2日、東京ビッグサイトで開催の危機管理産業展で撮影。
公開された津波シェルターヒカリのスイング機能の実演。
写真上右は人が乗り込んだ状態。
写真上左は床が水平に保たれたままシェルター本体が回転している途中の状態。
写真下は、シェルターが90度回転し、水平になった状態。



写真002_津波シェルターヒカリ_プラスチック産業資材新聞
2013年、千葉県船橋市の日本大学 理工学部研究所 大型構造物試験センターにて撮影。
耐衝撃試験の結果を検証しているところです。
大野勝三会長(写真右)、邉吾一(べん ごいち)教授(写真左)、青木義男教授(左から二人目)



写真001_津波シェルターヒカリ_プラスチック産業資材新聞
2013年10月2日、東京都江東区の東京ビッグサイトにて開催された危機管理産業展2013にて撮影。
来場者に津波シェルターヒカリの説明をする、光レジン工業代表取締役 大野仁生社長。
写真中央奥は大野勝三会長。
左端は大野勝寛常務取締役。



写真000_津波シェルターヒカリ_プラスチック産業資材新聞
2013年10月2日、東京都江東区の東京ビッグサイトにて開催された危機管理産業展2013にて撮影。
津波シェルター「ヒカリ」を展示する光レジン工業のブース。
重さ100キロの鉄柱を激突させる衝撃試験の動画をモニターにて公開。
スイング機能体験用のシェルターを展示し、多くの来乗客が津波シェルター「ヒカリ」に実際に乗り込んでその乗り心地を確認したり、スイング機能を使って、90度床をスライドさせ、担当者から実際の避難での使い方の説明を受けていました。



//////////

光レジン工業の防災シェルター「津波シェルターHIKARi(ヒカリ)」
 公式サイト:http://www.shelter-hikari.com/
 公式ブログ:http://shelterhikari.blog.fc2.com/
 Twitter:https://twitter.com/shelterhikari
 Facebook:https://www.facebook.com/tsunamishelter


株式会社 光レジン工業
 〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23
 TEL: 042-584-5797(代表)
 FAX: 042-584-5786
 MAIL: info@shelter-hikari.com
 企業サイト:http://www.hikariresin.co.jp/

//////////

スポンサーサイト
THEME:新商品 | GENRE:ニュース |

(12)プラスチック産業資材新聞 第10面の津波シェルター記事

10/20発行のプラスチック産業資材新聞 第10面の掲載記事。

危機管理産業展での津波シェルター「ヒカリ」やその他の防災対策、津波対策商品の展示状況が紹介されました。




(株)東京ビッグサイト(東京都江東区有明3ー11ー1 電話03-3571-9946)は、内閣府防災担当、警察庁、消防庁、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、気象庁、海上保安庁、防衛省などの支援を受けて、去る10月2日〜10月4日までの三日間に渡り、東京ビッグサイトの西3・4ホールにおいて、「危機管理産業展2013」を開催した。

危機管理産業展のテーマは「災害対策、危機管理のプロが全国から集い、東京から情報発信する」というもの。

昨今頻発する洪水、竜巻等の自然災害のほか、将来発生が懸念されている首都直下型地震、東海地震、東南海地震、南海トラフ地震などの大災害への防災対策を目的にした今回の展示会には、国内外の260を超える企業、団体が参加し、会期中の来場者数は約45000人に達したという。

危機管理産業展には、一昨年、社会的に大きな注目を集めたFRP(繊維強化プラスチック)製の球形防災・救命シェルター<ノア>の共同開発者であり、同製品の主要部の製造を担当した(株)光レジン工業が、別記事にあるような経緯で独自に開発した最新の津波防災シェルター<HIKARI>を展示した。

光レジンに関しては、<ノア>をめぐるコスモパワー株式会社への民事訴訟、刑事告発などの裁判沙汰もあって一般メディアからも注目され、会期中に日本テレビ、テレビ東京、フライデーなどの取材に訪れたようである。

また、一般の来場者においても、
・22トンを超える荷重に耐えられる強度
・自力脱出や洋上での救出を想定した独自機能
・シェルター設置後の運用性を考慮した仕様
などについて同社担当者による実演付きの説明に耳を傾けたり、日本大学での強度試験のVTR映像を見守る姿がたびたび見られた。

同産業展の、その他の主な地震、津波等の災害対策の展示品は次の通りである。

(株)アプリコア
電話 0584−83−1078
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製の推進翼を採用した災害/測量調査用ラジコンヘリコプター<UAV-AP>シリーズ

FRPウチヤマ(株)
電話 0155-37-1414
据え置き型のFRP製旋回収容式防災シェルターの<太陽3号>。
床が回転式で、車いす4台と成人4人、または成人12人収容可能。
来春発売予定で、価格は250万円。

(有)カトーモーター
電話0256-62-6516
基礎研究段階で、用途未定の水中グライダーを開発。
本体がFRP製の、イトマキエイ型のグライダー。
水槽試験用の模型を展示。

防衛省技術研究本部
電話03-3268-3111
GF強化ポリカーボネート製の円盤状スピーカーを採用した超広域伝達防災無線スピーカー(WHELEN)
※GF強化=ガラス繊維で強化したという意味
※ポリカーボネート=工業用プラスチックの一種。熱可塑性といい、常温では固いが高温になると柔らかくなり加工しやすくなる性質がある。高い透明性と耐衝撃性などの特長をもった素材。1956年にドイツのバイエル社で初めて合成された。

この他、津波対策の避難救命カプセルとして、東邦マーカンタイル(株)がアルミ製の<サバイバルカプセル>、常石鉄工(株)が21名収容可能なアルミ浮揚型津波シェルター<TTS80>の模型を展示していた。





//////////

光レジン工業の地震対策・防災シェルター「津波シェルターHIKARi(ヒカリ)」
 光レジン工業 企業サイト
 津波シェルター「ヒカリ」公式サイト
 津波シェルター「ヒカリ」公式ブログ
 津波シェルター「ヒカリ」Facebook
 津波シェルター「ヒカリ」Twitter

株式会社 光レジン工業
 〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23
 TEL: 042-584-5797(代表)
 FAX: 042-584-5786
 MAIL: info@shelter-hikari.com

//////////

THEME:新商品 | GENRE:ニュース |

新聞記事11 ノアの詐欺被害拡大を防ぐため、津波シェルター事業を続行

10/20発行のプラスチック産業資材新聞に掲載された津波シェルター「ヒカリ」記事の紹介(その11)です。

※文面の一部を分かりやすい表現に変えています。

※光レジン工業が、津波シェルター<ノア>の共同開発プロジェクトに参加した2011年当時の出来事が掲載された新聞記事の一部です。




津波シェルター<ノア>の詐欺被害の拡大を防ぐため、津波シェルター事業の続行を決意


大きな国益になることを願い、開発プロジェクトに参加した津波シェルター<ノア>。

しかし、前回までの記事で紹介したように、コスモパワーや田中昭次等による詐欺事件が勃発。

投資詐欺の手段として利用される悲惨な状況となり、現在に至っている。

詐欺被害を被った光レジンでは、津波シェルター事業からの撤退も一時検討された。

しかし、以下に述べるような3つの理由もあり、事業を続行することとなった。


(理由1)
津波シェルターの開発、製造元である光レジンがこの事業から手を引いてしまうと、社会問題化したこの事件が益々混迷を深め、解決が遅れてしまう。

それに加えて、コスモパワー等による詐欺被害の拡大を放置することにもなる。

ひいては、FRP(繊維強化プラスチック)業界の信用を大きく失墜させることに発展しかねない。

これ以上、津波シェルター<ノア>関連の投資詐欺の被害の拡大を防ぐためにも、事業続行が望まれる。


(理由2)
事件発覚後、津波シェルター<ノア>の代理店経営者や、コスモパワーの元授業員等の被害者たちが次々に光レジンに来社した。

彼らはコスモパワーや田中昭次氏に関する情報を提供してその惨状を訴えた。

そして彼らは、今後はコスモパワーでなく光レジンが津波シェルターの(本体の製造だけでなく)最終的な組み立て、販売までを一貫して行ってほしいと求めた。

このように、光レジン工業は、多くの関係者から津波シェルター事業の継続を期待されることとなった。


(理由3)
津波シェルターを普及させることにより、南海トラフ地震の脅威から数万人規模の人命を救うことが同社の努力次第で可能だ、と同社は判断した。

一方、世界で初めてFRP球形防災シェルターの開発に成功した同社がこの事業から撤退することで、その可能性もなくなってしまう。


光レジンでは、社運を懸けてでもこの津波シェルター事業を最後までやり抜こうと決断し、<ノア>の問題点の解決と、さらなる基本性能の向上を目指して商品の開発研究が続けられた。

そして今回、2013年10月発表の「津波シェルターHIKARi」の開発にこぎ着けたとのことである。




新聞記事の続きは、明日以降のブログ記事でご紹介いたします。


//////////

光レジン工業の防災シェルター「津波シェルターHIKARi(ヒカリ)」
 公式サイト:http://www.shelter-hikari.com/
 公式ブログ:http://shelterhikari.blog.fc2.com/
 Twitter:https://twitter.com/shelterhikari
 Facebook:https://www.facebook.com/tsunamishelter


株式会社 光レジン工業
 〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23
 TEL: 042-584-5797(代表)
 FAX: 042-584-5786
 MAIL: info@shelter-hikari.com
 企業サイト:http://www.hikariresin.co.jp/

//////////

THEME:地震・災害対策 | GENRE:ライフ |

新聞記事10<ノア>コスモパワーを刑事告発。複数の投資詐欺も発覚した

10/20発行のプラスチック産業資材新聞に掲載された津波シェルター「ヒカリ」記事の紹介(その10)です。

※文面の一部を分かりやすい表現に変えています。

※光レジン工業が、津波シェルター<ノア>の共同開発プロジェクトに参加した2011年当時の出来事が掲載された新聞記事の一部です。




こうして商品化された津波シェルター<ノア>は、シェルター本体を光レジンにて製造してコスモパワーに納品し、コスモパワーが周辺部品も含めた最終的な組み立てを行った上で消費者に向けて販売する、という形で2011年12月に事業がスタートした。


光レジンとコスモパワーの間には、光レジンから毎月30台の津波シェルター<ノア>をコスモパワーに納品し、翌月にコスモパワーがその代金を支払う、という契約が締結されていた。


しかし、光レジンへの取材によると、<ノア>製造の契約開始後、2ヶ月目にして早くもコスモパワーからの代金支払いは滞るようになり、その後6ヶ月の取引を通じて、期日通りにコスモパワーからの代金の支払いが行われたのは、たったの2回だったという。


そのうえ、当初、光レジンが全額負担していた津波シェルター<ノア>の開発費用(試作品製造、性能試験実施等の費用)を、生産開始後にコスモパワーから段階的に光レジンに支払うという約束が履行されないばかりか、コスモパワー側から、製品価格の大幅な値引きが要求されるようになったという。


上記のような、契約が正常に履行されない状況となったため、光レジンは契約の履行を求めてコスモパワーを民事訴訟(2013年7月に勝訴判決の結果が確定した)すると共に、コスモパワーによる詐欺事件として刑事訴訟を行った。


この刑事訴訟を行った際に警察当局から知らされたのは「コスモパワーの田中昭次なる人物に対し、既に複数の投資詐欺被害の訴えが持ち込まれている」という驚きの事実であった。


ノア詐欺記事(上段)津波シェルター『ヒカリ』


ノア詐欺記事(中段)津波シェルター『ヒカリ』


ノア詐欺記事(下段)津波シェルター『ヒカリ』





新聞記事の続きは、明日以降のブログ記事でご紹介いたします。


//////////

光レジン工業の防災シェルター「津波シェルターHIKARi(ヒカリ)」
 公式サイト:http://www.shelter-hikari.com/
 公式ブログ:http://shelterhikari.blog.fc2.com/
 Twitter:https://twitter.com/shelterhikari
 Facebook:https://www.facebook.com/tsunamishelter


株式会社 光レジン工業
 〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23
 TEL: 042-584-5797(代表)
 FAX: 042-584-5786
 MAIL: info@shelter-hikari.com
 企業サイト:http://www.hikariresin.co.jp/

//////////

THEME:地震・災害対策 | GENRE:ライフ | TAGS:

新聞記事9 実態は光レジン単独での津波シェルター<ノア>開発であった

10/20発行のプラスチック産業資材新聞に掲載された津波シェルター「ヒカリ」記事の紹介(その9)です。

※文面の一部を分かりやすい表現に変えています。

光レジン工業が、津波シェルターノアの共同開発プロジェクトに参加した2011年当時の出来事が掲載された新聞記事の一部です。






実態は、光レジン単独での津波シェルター<ノア>開発


<ノア>の実用化に関しては、結局光レジン工業側の提案する、L-RTM工法が取り入れられ、接合部分を内包化するオーバーレイ仕上げで製造することとなった。その他シェルターの各部分においても、光レジン工業の技術が各所に取り入れられることとなった。


(L-RTM工法とは、真空圧を利用した特殊工法。ハンドレイアップに比べより平滑、均質な成形が可能で強度が均一に保たれる)


<ノア>の開発にあたっては、日本大学の協力により「強度計算、破壊テスト、圧縮テスト」などが実施された。


しかし、これらの開発過程には、コスモパワーの田中氏は興味を示すことはなかった。


商品の仕様が毎日のように変わる、開発の試行錯誤の段階にあるにもかかわらず、田中氏は初期の設計内容を図示した商品パンフレットを作成し、早々と販売活動を開始してしまった。


このように「共同開発プロジェクト」とは名ばかりな状況であり、実際のところ、光レジン工業が単独で開発したといってもよい状態だったようだ。
  

(続く)






新聞記事の続きは、明日以降のブログ記事でご紹介いたします。


//////////

光レジン工業の防災シェルター「津波シェルターHIKARi(ヒカリ)」
 公式サイト:http://www.shelter-hikari.com/
 公式ブログ:http://shelterhikari.blog.fc2.com/
 Twitter:https://twitter.com/shelterhikari
 Facebook:https://www.facebook.com/tsunamishelter


株式会社 光レジン工業
 〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23
 TEL: 042-584-5797(代表)
 FAX: 042-584-5786
 MAIL: info@shelter-hikari.com
 企業サイト:http://www.hikariresin.co.jp/

//////////

THEME:地震・災害対策 | GENRE:ライフ | TAGS:
PR
Twitterアカウント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
最新コメント
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。