FC2ブログ
地震・津波シェルター ヒカリ

津波シェルター「ヒカリ」

Author:津波シェルター「ヒカリ」
「ヒカリ」は一般家庭用の、地震・津波対応の防災シェルター。直径120cmで屋内に設置でき、地震発生時の家屋倒壊から身を守れます。完全防水で水に浮き、津波からも避難可能。自動車20台分の重さにも耐える、世界最高水準の耐久性を持つシェルターです。大人4人用で価格は約50万円。1人あたり約12万円で、南海トラフ地震への強力な備えをご家庭にいかがですか?

最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHKスペシャル「震災ビッグデータⅡ 被災地企業12万社からたどる 復興の未来地図」本日放送!(地震・津波シェルター「ヒカリ」ブログ)

-----
おはようございます。

今日、2013年9月8日(日)午後9時00分から、テレビのNHKで、NHKスペシャル「震災ビッグデータⅡ
被災地企業12万社からたどる復興の未来地図」という番組が放送されるようです。

ビッグデータという言葉をご存知ですか?

ビッグデータは、主にインターネット上での人々のつぶやき、情報発信の内容、数値などの膨大なデータを、

高度な統計分析で処理して、現状の分析や今後の予測に役立てようというものです。

東日本大震災からもう2年を過ぎているが被災地では復興が思うように進んでいないという課題があるようです。

その理由はなんでしょうか?どうしたら復興に向け状況は改善できるのでしょうか?

いま注目されている「ビッグデータ」を詳細に分析すると今後の復興に向けた問題が見つかるかもしれません。

番組では、被災地の12万社を含む全国70万社についての「ビッグデータ」についてとりあげるようです。

各社がどの企業と取引しているのか、それが震災後に増えたのか減ったのか、さらに従業員はどのくらい増えたのか減ったのかといった、

企業と人々の活動にかかわるビッグデータです。

東日本大震災の被災地での復興がなかなか進まない理由が、実は意外なところにあった、という内容もあるようです。

ツイッターに投稿されたメッセージのデータの分析から、「風評被害」が復興に与える影響もわかるそうです。

復興というテーマを新しい視点で分析する番組内容のようです。
-----

防災シェルター「ヒカリ」ホームページTOP


THEME:地震・天災・自然災害 | GENRE:ニュース |
PR
Twitterアカウント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
最新コメント
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。