FC2ブログ
地震・津波シェルター ヒカリ

津波シェルター「ヒカリ」

Author:津波シェルター「ヒカリ」
「ヒカリ」は一般家庭用の、地震・津波対応の防災シェルター。直径120cmで屋内に設置でき、地震発生時の家屋倒壊から身を守れます。完全防水で水に浮き、津波からも避難可能。自動車20台分の重さにも耐える、世界最高水準の耐久性を持つシェルターです。大人4人用で価格は約50万円。1人あたり約12万円で、南海トラフ地震への強力な備えをご家庭にいかがですか?

最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関東地方~東北地方で最大震度4の地震が発生(地震・津波シェルター「ヒカリ」ブログ)

おはようございます。地震・津波シェルター「ヒカリ」ブログです。

さきほど9時19分、関東地方から東北地方にかけて、最大震度4の地震が発生しました。

この地震による津波の心配は今のところないとのことです。

震源は鳥島沖。

地震の規模を示すマグニチュードは、M6.9

震源の深さは400キロメートル

震度3~震度4の地震が以下の地域で発生した模様です。

宮城県、福島県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、青森県、岩手県、山形県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県

今後の地震ニュースにもご注意いただければと思います。


<初めての方へ、シェルターHIKARiとは>

HIKARi(ヒカリ)は、光レジン工業(東京都日野市)が製造、販売する、地震・津波対応のFRP製防災シェルターです。

⇒シェルターHIKARiホームページ

耐震性も抜群の地震・津波シェルター ヒカリ


黄色~オレンジ色の球体で、直径は120センチ。大人4人が避難できます。

FRP(繊維強化プラスチック)という素材から作られています。

FRPの壁の厚さはたったの1センチ。そのような薄型、軽量の地震・津波シェルターですが、

8月20日に千葉県習志野市の大学の実験施設にて行った耐久力試験では、普通乗用車20台分の「22トン」の重さを圧力でかけても、

球体がわずかに変形するのみでした。

この抜群の耐久力により、地震発生時に防災シェルターに避難することで、家屋倒壊から身の安全を守ることができます。

また、FRPシェルターのドアは2重ハッチであり、外部からの水の浸入を完全に防ぎます。

FRPは比重が軽く、津波に襲われても水に浮き、水に流されながら避難することができます。

重さは約80キロで、大人2人で持ち運ぶことができます。

一般の家庭や事業所普及用の、地震にも津波にも対応した防災シェルターとしては、世界に前例のない耐久力を持つ商品です。

耐震リフォームや耐震シェルターなど、住宅に行う耐震工事よりも低コストで設置できる防災設備です。

地震だけに対応した地震シェルター、津波だけに対応した津波シェルターといった商品も多くありますが、

当社のシェルターヒカリは、地震、津波に対応した「地震・津波シェルター」です。

内閣府が発表した南海トラフ地震の被害予想では、最悪のケースでマグニチュード9を超える地震が南海トラフの震源地で起き、

関東、東海、中部、近畿、四国、九州の太平洋岸の広い地域で震度7を超える地震が起きる可能性があります。

また、多くの地域で、地震発生から数分~数十分以内に10メートル以上の津波が発生する可能性があるそうです。

(特に、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県、愛媛県、高知県、徳島県では20~30メートル級の津波の予測データがあります)

明日にもでも来るかもしれない巨大地震「南海トラフ地震」に備えるべく、

皆様のご家庭や事業所で、「地震・津波シェルター ヒカリ」の導入をご検討いただけると幸いです。


地震・津波シェルターHIKARi


THEME:地震・天災・自然災害 | GENRE:ニュース |
PR
Twitterアカウント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
最新コメント
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。