FC2ブログ
地震・津波シェルター ヒカリ

津波シェルター「ヒカリ」

Author:津波シェルター「ヒカリ」
「ヒカリ」は一般家庭用の、地震・津波対応の防災シェルター。直径120cmで屋内に設置でき、地震発生時の家屋倒壊から身を守れます。完全防水で水に浮き、津波からも避難可能。自動車20台分の重さにも耐える、世界最高水準の耐久性を持つシェルターです。大人4人用で価格は約50万円。1人あたり約12万円で、南海トラフ地震への強力な備えをご家庭にいかがですか?

最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツイッターフォロワー数や、ソチ五輪、消費増税、南海トラフ地震被害想定など

津波シェルター「ヒカリ」ブログ運営事務局です。

1月のブログ投稿から、ずいぶん日が空いてしまいました。

記憶にまだ新しいソチオリンピックや、主に関東地方の観測史上最大の大雪など、様々なことがあった1、2月だったと思います。

先日、津波シェルター「ヒカリ」のツイッターアカウント、フォロワー数が7000名を超えました。

これからもヒカリや南海トラフ地震、防災情報をツイートして参りますので、宜しくお願いいたします。

現在、4月1日からの消費税増税に伴い、津波シェルター「ヒカリ」の税込み価格の変更内容のお知らせを作成しています。

「いつまでのご注文であれば、現在の税率でご購入いただけるのか?」など、情報を整理して掲載しますので、しばらくお待ちくださいませ。

また、ソチオリンピック開幕前の1月24日に、大阪府/南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会から発表された内容を、皆さま覚えていらっしゃいますでしょうか。

大阪府は、府内の給水人口の94%が被災直後に断水するとの試算を公表しました。

また、自宅に戻れない帰宅困難者は最大146万人、建物やライフラインなどの経済被害は28兆8千億円など、これまでの政府の見解を大きく上回る内容でした。

この大阪府の被害想定の発表内容も、防災に関心のある方には有用な情報であると思いますので、こちらも後日、情報を整理してお伝えしたいと思います。

//////////

光レジン工業の地震対策・防災シェルター「津波シェルターHIKARi(ヒカリ)」
 光レジン工業 企業サイト
 津波シェルター「ヒカリ」公式サイト
 津波シェルター「ヒカリ」公式ブログ
 津波シェルター「ヒカリ」Facebook
 津波シェルター「ヒカリ」Twitter

株式会社 光レジン工業
 〒191-0011 東京都日野市日野本町4-10-23
 TEL: 042-584-5797(代表)
 FAX: 042-584-5786
 MAIL: info@shelter-hikari.com

//////////

PR
Twitterアカウント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
最新コメント
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。